2008年12月17日

ポメラニアンは・・・

ポメラニアンの問い合わせは1軒もない・・・、
明日またポスター貼り。
飼い主が見つかればよいが。
このポメラニアンの件では、富坂警察と協力し無事に保護できたが、
界隈の動物愛護協会は何もしなかった。
猫の保護も関心がないようだが、
何のための動物愛護をしているのだろうか。

山猫庵では、猫が病気なら24時間仕事になるし、
命に関わっているので、
急な用件も飛び込み、予定していた仕事は後となる。
深夜に相談が飛び込むこともある。
よって寝る時間はなくなる。
仕事といっても、これらの仕事で自分の収入になるものはない。
どれだけの思いを持ち、自分自身を切り刻むような仕事でも、
むなしさは付きまとう。

里親になった人は、里親の意味はすぐに消え、
シェルターキャッツは、自分の猫となる。
自分の猫は、そのうちに、自分の所有ゆえ何をしてもよい・・・となっていくことが多い。
里親となった方の中では、
定期的な連絡をすることに、同意書に署名していても、
報告をすることを怠る。
困った時だけ連絡してくる。

先日は、「明日ペット不可のマンションに引っ越すこととなり、
今まで飼っていた猫の里親が見つからないから、
捨てるしかない」、と言っている友人がいるとの相談が入った。
その当人からもすぐに電話連絡があり、
山猫庵に来ていただくこととなったが、
突然、新しく飼ってくれる人がいた、と電話をしてきた。
言っていることに不明な点が多く、
こちらに入っていた情報と異なることが多い。
説明を求めると、そのうちに、
「自分の猫ちゃんだから何しても私の勝手だ、捨てると言わなければ、飼ってくれる人なんていない」
と言い始めた。

残念ながら、こういう人は多い。
本当に多い。
引き取ってくれなければ、センターに連れて行く、と脅すようなことを言う人もいる。
こういう人も少なくない。

シェルターに猫を預けた保護依頼者から何の連絡もなくなるということも多いようだ。
山猫庵シェルターでも、残念ながら、一人だけいる。
このまま何も連絡がないようであるのならば、
しかるべき対応を考えるしかない。
もう考えているがもう少し待つこととする。

口でいくら猫や犬は家族です、と言ったところで、多くの人が自分の都合で「もの」となる。
そんな例は嫌になるほど見ている。
面接の時でも、どうせ自分のものになれば後は・・・、と心の中が透けて見える人は多い。
やっていてむなしくなるが、
すぐに人の価値観が変わることはないだろうし、
継続していかなくてはならない。
里親をみつけることが最終目的ではない。
センターを作り、地域猫や犬が安心して暮らせる場作り、
命の大切さを伝える場作りは早急だ。
そのためには自分の時間等ないし、
何もしないで文句しか言わない人、
自分の理屈しか言わない人には構っていられない。


posted by 山猫 at 04:29| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする