2016年08月19日

老齢猫のひょうた、乳腺がんのジョバンニのこと

みなさまに可愛がっていただいています猫のひょうた、
もうじき20歳になりますが先週から状態がよくありません。
昨日今日と開口してご飯も食べられず。
一昨日に病院で検査。
最期を看取るために傍に付いています。

CqG2eBlVIAMFybW.jpg

乳腺癌の手術をしたジョバンニは退院しています。病理検査の結果を待っていますが、まずは3か月ご飯が食べられれば、また3か月、彼が少しでも気持ちよくご飯を食べられますように。

2016.8.14 (12).JPG'.JPG
2016.8.16 (9).JPG'.JPG
CqHobJ9UIAAwtVJ.jpg

猫ジョバンニの医療費支援について
山猫庵シェルターの保護猫の供血等出来る限りの対応で、今のところ大学病院のお世話にはなっていませんが、数十万の費用には変わりありません。
ご支援頂ける方は
ゆうちょ銀行〇一八支店普通6838998
東京動物環境支援協会まで
何卒よろしくお願いいたします。
posted by 山猫 at 07:15| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

猫ジョバンニ、乳腺腫瘍(悪性)の手術となりました

残暑お見舞い申し上げます。
猫ジョバンニは、昨日の検査で乳腺腫瘍(悪性)がわかり、12日に供血予定の猫のクロスマッチ、15日に手術となりました。
貧血が酷く、腎臓の数値も高いのでかなり状態のよくない中での手術となります。
予後は厳しいかもしれません。

去勢済みの雄猫がこの病気になるのはかなりレアなケースです。

ジョバンニは100グラムで駅前の植え込みに棄てられていたところを保護避難。
お腹がポッコリ飛び出しておりヘルニアでした。
幸い元気に成長し無事にヘルニアの手術も済み、新たな家族を待っていましたが、新たな家族との出会いはなく、8歳になる今、乳腺腫瘍がわかりました。
いつもご飯を完食、昨日も残さず食べて、見た目には何も問題なく見えます。
乳腺腫瘍は去勢済みの雄猫でも安心せずにどうか早期発見してあげて下さい。

人に棄てられ手術も乗り越え、8年間もシェルターで我慢していたジョバンニがどうしてと思いますが、少しでも気持ちよく過ごせるように努めます。

命は待ってくれません。

ジョバンニの医療費のご支援を何卒お願い申し上げます。
ジョバンニを応援して下さい。

CIMG2282.jpg'.jpg

jyoba 2'.jpg
posted by 山猫 at 06:44| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

新たな家族が必要な猫たちが待っています

8月に入り猛暑続きです、シェルター内はエアコンと除湿器が大活躍。
山猫庵の動物シェルターでは、猫や犬の新たな家族が必要です。
命には限りがあります。
今は1歳近い猫から老齢までおります。
犬は高齢老齢犬ばかりです。
どうか家族として最期までともに幸せに暮らして下さい。

DSCN5811.JPG'.JPG
らく せん

DSCN5838.jpg'.jpg


DSCN5871.jpg'.jpg
あやめ

DSCN5886.JPG'.JPG
クララ

DSCN5899.JPG'.JPG
まい

DSCN5894.JPG'.JPG
しっぽな

DSCN5881.jpg'.jpg
そら

DSCN5833.JPG'.JPG
左はかず 右は家族ができました


posted by 山猫 at 13:44| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

山猫庵の動物シェルターでは猫や犬の新たな家族を募集しております

山猫庵の動物シェルターでは猫や犬の新たな家族を募集しております。
今は1歳近い猫から老齢までおります。
犬は高齢老齢犬ばかりです。
家族として最期までともに幸せに暮らして下さい。

DSCN5881.jpg'.jpg

山猫庵では、新たな家族になっていただく方は、年齢によって多少の制限はありますが、
社会的に責任を自覚し生活基盤がしっかりしている(計画性がある)方であれば、
これ以外の差別的な要素はありません。

DSCN5838.jpg'.jpg

DSCN5964.jpg'.jpg

DSCN5932.jpg'.jpg

DSCN6189.jpg'.jpg
posted by 山猫 at 00:55| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

老猫の扇ちゃんに新たな家族ができました

老猫の扇ちゃんに新たな家族ができました。
棄てられてからは近所の人に見守られ生きて来て、弱っていたところをシェルターに避難した扇ちゃん、
少なくとも15歳以上のおばあちゃん猫、お顔もきれいになり、新たな家へ出かけました。
新たな家族の下に出かけた白猫の扇ちゃんはご飯はすぐ食べ、パパママにすりすりゴロゴロの繰り返しらしいです。
シェルターでもストーカーのように後を付いてきた扇ちゃん、よかった、扇だけの家族ができて。
シェルターに出入りする度、毎回、生きているかと確認する老猫たち、不安な要因のある子たち。
先日までは扇ちゃんの起きてご飯を待っている姿を確認するまでヒヤヒヤ。
扇ちゃんはママに甘えているそうです、家に帰れたと安心したのでしょうか。
今までも新たな家に出かけて「家に帰れた」と思ったような安堵の顔した子たちがいました。
命に限りはあり、シェルターで看取る子も少なくありません、
老齢の扇ちゃんに家族ができてよかった!
扇ちゃんをお世話下さったみなさま、助けて下さったみなさま、感謝いたします。
皆様に感謝いたします。
他の子たちも続きますように。

2016.7.7 (27).JPG
posted by 山猫 at 15:40| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

ミニコは昨日退院しました

ミニコは昨日退院しました、ご心配をおかけしました、
ありがとうございます。
口腔内の問題が解決したわけではないので、またいつ食べられなくなるかわかりません。
継続治療の必要なミニコですが、涎も止まり、ほっとしたような顔です。
今朝はご飯を待っており、すぐに完食!

2016.6.7 (12).JPG
posted by 山猫 at 12:56| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

お問合せ先メールアドレス

お知らせいたします。
昨日午前6時よりyamanekoan_shelter@email.plala.or.jp のアカウントは送受信出来ない状態になっています。
PCの不具合かルーターが機能なしかです。
しばらくは norihiko.kohata@gmail.com にて受付しております。
申し訳ございません、よろしくお願い申し上げます。
posted by 山猫 at 12:50| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療費のご支援をお願い申し上げます

雨の匂いがする季節。
猫ミニコが昨日から入院し、幸い本日退院できました。
ミニコは震災で避難して来ました。ミニコに関する医療費は入りません。
シェルターには他の犬猫たちも医療が必要な子が多いのですが、依頼者が経済的困難であったり、棄てられたりと、医療費が入らない子がほとんどです。
これからスケーリングが予定されている猫たちもシェルターに棄てられた子たちです。
避難中の子たちのために度々のお願いでございます。
医療費のご支援をお願い申し上げます。
棄てられた子たちには食事だけでよいとか処分で当然とか医療なんて必要ないと言うご意見もあるようです。
それでも少しの医療で気持ちよく過ごせる日が増えるのなら。
苦痛から解放できるのなら。

ご寄付の送金先 
ゆうちょ銀行 記号番号10140-68389981 東京動物環境支援協会
他銀行からは ゆうちょ銀行〇一八支店 普通口座6838998
支援物資の送り先 
〒113-0033 東京都文京区本郷4-33-11 山猫庵動物福祉センター
TEL 03-3814-8728

2016.6.6 (2).JPG'.JPG
ミニコ
posted by 山猫 at 12:48| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

東京は梅雨入りでしょうか

6月、みなさまこんにちは! 
関東も梅雨入りでしょうか。
シェルターの湿度対策も進めております。
4月末に避難して来た老猫の扇ちゃんは、抗生剤がよく効き、目、耳、鼻ともに改善しています。ご飯もよく食べてくれています。
口腔内の歯石が気になりますのでスケーリングしたいところですが、歩くときにふらつく等、体力不足が気になります。全身麻酔のリスクも考慮し、現在食べられていることからスケーリングは今のところ予定していません。
これ以上、歯石が付かないようにケアしていきますが、嫌がる扇ちゃんです・・・
簡単にできるのはジェルを入れること、少しずつ他の事もできるようになりますように。
今週は、スケーリング予定の猫が3匹おります。医療費はかなりかかりますが、これからも生きて気持ちよく食べていくために必要です。シェルターに避難して来る子たちは、口腔内のケアが必要になる犬猫が多いです。
現在も、2011年の震災で避難して来た猫のミニコが調子がよくなく、プレドニン投与の回数が増えています。避難時から治療が必要だったミニコです。
猫の口腔内のトラブルは簡単に解決しません、食べにくそうにしている、涎が出ている、犬歯が延びてきた等の状態がありましたら、すぐに病院へ行くことをお勧めします。
他にも病気を抱えていたり、高齢である場合は、麻酔がかけられないこともあります。
早めにケアすることが大切でしょう。
山猫庵に避難している犬猫たちの医療費のご支援をよろしくお願い申し上げます。

2016.6.1 (2).JPG'.JPG
ご飯を食べて、遊んで、ぐっすり眠る扇ちゃん

2016.5.12 (1).JPG'.JPG
涎が止まらないミニコ
posted by 山猫 at 14:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

山猫庵の熊本地震被災支援募金について

2016年4月九州での地震により被災した皆様にはお見舞いを申し上げます。
またお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り致します。

山猫庵の熊本地震被災支援募金について
4月20日より5月20日まで、現在33か所設置してございます山猫庵動物福祉募金箱を被災者支援募金として設置いたします。熊本県キャラクターくまモン・くまもとサプライズロゴ利用承諾申請書にてくまモンのイラストを使っています。
設置場所はHPをご参照下さい。
熊本地震被災支援募金の募金箱設置作業を始めています。全部で都内33か所を回っています。
また、急遽参加を増やしたフリマ6回分の売上を被災支援金として寄付予定です。
皆様には、ご家庭で不用の品物がございましたらご提供いただけたら幸いです。
送り先は山猫庵動物福祉センターまで。
山猫庵のフリマ参加予定と募金箱設置場所は ホームページこちらから
http://yamanekoan.fan-site.net/entrance.html
トップページからは 「ご支援者の皆様へ」から「お知らせ」へ。
宜しくお願いいたします。

山猫庵では山猫庵のためのご寄付は受け付けていますが、「被災支援」のための救済資金のような形で振り込みを依頼することはございません。
東京で保護活動するのにもお金がかかりますが、我々としては募金活動やフリマの売上を日本赤十字又は熊本県獣医会、所属の動物病院に寄託いたします。

山猫庵動物福祉センターの取引先33カ所及び事務所、商店街イベントの募金活動の募金箱には写真のようなイラスト付き説明書があります。
また、フリマでも是非、色々とご購入ください。
収益は被災地で必要な動物と飼い主さん、援助する人たちに。

九州のみなさまが一日も早く安心して過ごせますように。

Cgot2ktU0AI1YXR (1).jpg
posted by 山猫 at 00:41| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする